井戸

雨画スミのブログ

Girls Killer

f:id:rain0sumi:20170205020837p:plain

メンズのワイシャツに、ガンホルダー等のベルト状のものが巻かれてるのが最高に好きなんだ!!! ということが伝えたくて描きました 伝わってほしい

あの、その、ウーさんの腕に付けてるやつ大好きなんだけど名称が分からない…金持ちそうなおじさんがよくつけてる気がする…

ウーさんとウルミくんは月齢メンズ中で2大イケメンのつもりで描いていますが、ウーさんは万人受けする甘いマスクの正統派イケメンで、ウルミくんは女性に間違われそうな感じの中性的イケメン ロン先生は見る人が見たらイケメンなんじゃないかな~特定の人にモテる感じ ヒコじじは八重歯がかわいい(^ω^)

 

■時間が中途半端だったり眠くて集中できない時など、ついラクガキに逃げてしまう…いけない子ですね…

学生の時に買い溜めてあったB5同人誌用原稿用紙…引き出しに結構残ったままになってるんですが、今は投稿サイズの原稿用紙を使っているため使う機会がなくて…。でももったいないのでカットして部分修正用にしたり、ペン慣らしがてらラクガキとかにどんどん消費して行こうと思います。

 

■TATEditorを導入してみました。

「マンガを実際に描く時は縦書きにセリフを入れて、右から左へと話が進むのに、なぜプロットは横書きで書くのか?」という、今迄ずっと抱いてた違和感なんですけど、これで解決しましたね…。大方見かけるプロットも横書きばかりだったし、今まで使っていたテキストエディタも横書きのものだったので「プロットは横書きで作るもの」という先入観があったんですね。それがこの間「漫勉」のかわぐちかいじ先生の回で、学生時代お芝居を経験された先生が、映画の脚本みたいに縦書きでプロットを書いていらっしゃって、はっとしたんですね…。私も、縦書きでプロット作るほうが絶対スムーズにネームに落とし込めるなと。それで縦書き対応のテキストエディタを使ってみることにしました。TATEditorさんは今後スマホアプリ化も期待できる様子?なので、長い目で見ても便利そうなのでいっぱい使って行こうと思います…!

 

■なんかサイト改装したいな~と考えてるところで、ちょうど好きな感じのテンプレートを見つけたので、こちらもちまちまやっていこうかな…もうタグの弄り方とかすっかり忘れてるから時間かかるだろうな…原稿の合間に少しずつやって5月のイベント参加前あたりを目標に改装できたらいいな…うん…

愛はおしゃれじゃない

マスカラつけたなら僕も 君のように泣けるのだろうか

君と同じ口紅つけたなら そのくちびるが何味かわかるのかな

(『愛はおしゃれじゃない』岡村靖幸 w 小出祐介

f:id:rain0sumi:20170131012053p:plain

f:id:rain0sumi:20170131012054p:plain

■ウルミくんはチエ姐の仕事を手伝う上で仕方なく女装してます うっかりシアンどのに見られるとめっちゃ恥ずかしい でもシアンはウルミくんだと気づいてない 初めて女装ウルミくんを見たときに「ウー様の新しい彼女さんですか?」って言ったことがある 周りも面白がってシアンに本当のこと言わない

 

■いつも上げてるラクガキは、今後自分が描く予定の漫画のワンシーンを断片的に描いています。頭の中に多数の話が散乱していて、プロット書いてる間もなく新しいアイデアが生まれ続けているので、とりあえず忘れないようにメモ代わりにワンシーンをラクガキしておいてるんです。文字で走り書きするだけのメモだと、時間が経つと「こんな話考えてたっけ…?」って分からなくなってしまうことがあるので、やっぱ絵で描きとめておかないとダメみたいで…。こうやって一部分だけでもラクガキしておくと、頻繁にログを見返しますし、これをとっかかりにして話の全体を思い出すことができるんです。ラクガキすらままならないときは、あとで描こう!というつもりでTwitterで呟いたりしてます。ログは定期的にトゥギャッターへ、自分が必要なものだけ拾ってまとめておいてるので、「アレ?」ってなったときはよく読み返してますね。日々のラクガキや呟きは、頭の中にある沢山の引き出し一つ一つに取っ手を取り付けているような感覚でやってるわけです。

要はTwitterは(このブログもそうなんですけど)、自分が創作のイメージ固めたりお話を練ったりするメモ帳みたいな感覚で使っているので、他の方に見て頂いても説明不足で意味が分からなかったり、作品として面白いものではないと思ってます。それでもいつも目を通して「いいね」などして下さるフォロワーの皆様には、いつも申し訳ない気持ちと同時に感謝の気持ちでいっぱいになっています。(TLで言うと構ってちゃんみたいになって余計申し訳ないのでここで密かに感謝の気持ちを述べさせてもらう…)

自分で「メモみたいなラクガキならチラ裏にでも描いたほうが…」って思うこともありますが、やっぱり人前に公開することを前提で描くと「ラクガキ一枚でもしっかり描いて、あとで見返しても目を背けないレベルに完成させよう」という気持ちになれるので、申し訳ないと思いつつもこれからも公開していくつもりです。

そんな独りよがりな創作ではありますが、いつも見て下さっててありがとうございます。毎日感謝してます。いつも自分語りキャラ語りばかりの厨ちゃんですみませぇん!

 

■サイトで公開している本編1話冒頭部分、少し加筆修正が入りますので近々差し替えます。どうやら2月3月は私の大好きな漫画の新刊ラッシュになるみたいで今からワクワクです!大好きな漫画を読んで、花粉に負けない春になるといいな…!(笑)

これいじょうわたしをくるしめないで

f:id:rain0sumi:20170129142920p:plain

こういうの描いてる時の集中力とテンションを、原稿の時も持っていたいものだなぁ(詠嘆)

上村一夫さんの描くような、すけべな絵を描けるようになりたいことだなぁ(詠嘆)

 

■ローカルテレビでるろうに剣心のアニメを再放送してるので、毎回録画して観てます 絵柄が好みすぎる…あの頃のアニメの髪と肌のテカテカした感じとか、でっかい眼でまつ毛みっちり!みたいな感じ…好きです…

最近自分の塗りについて迷走していたりして…今まではブラシの質感を残したギャルゲ塗りみたいなのをやりたかったんですけど、「線画によって塗りも相性がある」って分かってきまして…。自分の線画に合う塗りって何だろうと思ったら、アニメ塗りが一番合うんですよね…キッチリした線だから…。それにブラシで複雑に塗っていく塗り方は影の入れ方というか、配分とか色選びが難しくて…そのせいで時間もかかりすぎてしまうんですが、アニメ塗りなら普段のマンガのトーン貼りと同じ要領で影付けできるんですよね。長年ギャルゲ塗りみたいなみずみずしい塗りに憧れてきて、そこにこだわりすぎていたところはあったけど、新しい塗り方も試してみて、自分なりに良い方向へ改良出来たらなぁ…なんて思いながら最近は作業してます。

 

1月が終わりかけてる…やばい…らくがきしてるバヤイじゃない……

寒中を見事に見舞われた話

食物繊維のことを「繊維質」って言ってしまったり、ポプテピピックのこと「パンプルポン」とか言ったり、物の名前とか作品のタイトルぜんぜん覚えられない岡村ちゃんが面白すぎるし小出くんが淡々と正していくのが最高にシュールで、本当に毎週笑いながら聴いてるPREMIUM ONE…これ聴くために水・木の夜は必ず作業するようになったしありがたい…これからもずっと続けて行ってほしいなぁ

 

■いつもお世話になってる栗下さんに寒中見舞いを頂きまして、まさかのまさかのシアンどのを描いて頂いてて玄関の前で尻もち付いたから今日はこれを自慢しに来たぜ!!!見てください!!!

f:id:rain0sumi:20170126231501j:plain

脱ぎかけのシャツがとてもえっちです…シアンのぼんやりした表情とかすごく…キャラ理解を頂いた上で描いて頂けてるのが伝わってきて本当に嬉しい…あと私がシアンを性的な目で見てるってことバレバレなんだろうなって思いました…バレバレでいい…事実です…また頂き物ファイルに宝物が増えました…幸せすぎる…!

ちなみに全体画像もおねだりしてシッカリ頂いてきちゃったので載せます!とてもエロかったので小さなお子様には刺激が強すぎるから御注意だぞ!

続きを読む

夢中

https://www.instagram.com/p/BPhNk7bgy1D/

Instagram

地元に白鳥がやってくる沼がありまして、ちょっと行ってみたりしました。

時間的に日が傾きかけてる上、逆光だったので写真がうまく撮れませんでしたww

羽を広げると本当に大きくて、優雅にキューキュー鳴いてました

カモもウジャウジャ泳いでました エサ撒いたらもう満員電車の中みたいになってた

動物のお尻が大好きなんで、白鳥とカモもプリケツがいっぱい見れて満足です(*´з`)

最近すごくかわいいな~と思うのが、オオバタンというオウムです Twitterでいつも可愛い動画をUPしてる方が居て…あの顔…空虚な顔に…ハマってしまいました…アマガエルに並ぶくらい好きかもしれません…アパート住まいでなければ飼ってみたいのになぁ…

 

淫花伝 2 ?高橋お伝?

淫花伝 2 ?高橋お伝?

 

最近とても気になっている漫画家 上村一夫さん

女性の表現が非常に魅力的で…美しいのはもちろんなんですけど、その内面にある憂いとか、憎悪とか、愛欲とかがもう暴力的なまでに滲み出てて、「女」という底なし沼のような真っ黒で大きなく深い生き物の中へ落っことされる…どうしようもなく引き込まれてしまう…。この物憂げな眉毛の描き方とか、すごいな…。ただただ感嘆しながら読んでいます。

岩井志麻子先生の小説が好きなので、「高橋お伝」はすごく好みな話でした

う~ん、またすごい作家の存在を知ってしまった…嬉しい…!