井戸

雨画スミのブログ

ネームねむねむ

ネームってマンガのカタチを作るのに欠かせない工程だと思うんですよ ページごとに、どうやって描こうかというイメージを固める感じのね
でも逆にネームを描き上げた時点でそのカタチが強烈に脳にくっついちゃう気がする もっといい表現で描けたかもしれない所があってもネームに起しちゃったやつがどうにも離れなくなったりするわけです
ま〜でもそれは私がいいかげんにネームを描きすぎてるのかもしれません
しかしだからと言って描き直し始めたらキリがなくなりそうです マンガの表現は無限に近いですから どのみちゴールは妥協しかないですから 勢いも大事ですから・・・ってなんだこれは言い訳か 原稿が進まない言い訳なのか?