井戸

雨画スミのブログ

私の中で何か悟ったというか決着がついた話

f:id:rain0sumi:20170708234622p:plain

■おにロリの、特に恋愛・肉体関係に関してのこだわりがハッキリしすぎていて、今まで既存のおにロリで二次創作できずにひっそり抱いてきた違和感と罪悪感を解消するには、理想のおにロリを自作をすればいいのだという結論に至り、持論において「恋愛・肉体関係の成立が罷り通るおにロリ」を自作しました。

という話です…

 

■おにロリで恋愛関係を扱うにあたり、私がまずこだわってしまうのが「女性として未熟な少女(または幼女)に、正常な良識ある青年が恋愛感情を抱くかどうか」ということなんですが、私の中ではそれは成立しないものと思っています。

なので、青年のほうがおかしい人でない限りは、おにロリの恋愛は、女の子側の片想いであるか、女の子が対等に恋愛できる年齢に達してから発展、という流れであってほしい。というか、そういうおにロリが私は好きなんです。

ただし、これは青年のほうがおかしい人でない場合のおにロリ解釈です。

青年がおかしい人であるならば、存分にロリと恋に落ち、肉体関係も結んだらいいと私は思っています。おかしい人というのは、例えば最初からロリコンキャラであるとか、人格破綻者であるとか、一般的良識を持ち合わせていないなどの設定のある青年のことです。

あとは、青年のほうはまともでも、少女のほうが精神が壊れていて、青年が憐みの気持ちを抱き、少女との疑似的恋愛や肉体だけの関係を持つ…みたいなのも好きです。

いずれにせよ、青年か少女どちらかがまともでない人間でないと、その関係はコンビや保護者的なもので留まるものと考えています。

(偉そうに語っていますが、あくまで私の趣味嗜好においての話です。起こり得ないことが起こるのが創作・フィクションの醍醐味ですので、まともな青年と少女の恋愛模様を楽しまれる方もいらっしゃると思いますし、そういった作品を非難する意図は無いです。)

■私の創作『月齢17.4』のロン先生と月音は、二人ともまともなので、月音が大人になるまでは恋愛に発展することはありませんし、ロン先生は月音と結婚するまで月音には絶対に手を出しません(と設定しています)。

そこで一つ、「恋愛・肉体関係を描写できるタイプのおにロリ」というのを作りたくなったんですね 話長いね

ちょうどあの映画をみて色々燻っていたこともあって、ものすごいスピードで理想のおにロリを作ったんですよね…キャラ作りが超苦手な私が一体これはどうしたことだろう…自分でも予想外の快挙にびっくりしているんですが

出来上がったのが少女エリーゼと青年ルーカスというワケです。

月齢みたいに長くするつもりはないですが、本編のお話も練っているくらいお気に入りのおにロリが作れました…嬉しい…

世界観はドイツメルヘン風で、サスペンス要素が強いかと思います。

赤ずきん」を下敷きにキャラクターを考えようとして、赤ずきん発祥の地ドイツのアルスフェルトの民族衣装などを参考にしました。最終的にはあんまり赤ずきん要素残らなかったですが…笑

f:id:rain0sumi:20170710011349p:plain

f:id:rain0sumi:20170710011425p:plain

ルーカスの何考えてるか分からない感じはうまくできて満足です

エリーゼのこと気色悪い笑顔でハァハァ追い掛け回させる気マンマンなんだよ私は…

この二人を作ったことで、自分が一番納得できる形でおにロリを絡ませることができそうで、武者震いが止まりませんぜ!やったな!楽しみだな!

 

ていうか月齢とエーテルの話もどんどん描き進めたいのに逆にやりたいこと増やしちまったな!やっちまったな!でも楽しいな!!生きよう…

(超余談の私生活近況ですけどお腹の赤ちゃんは順調です 男児と分かったのでカエルのおべべをたくさん買って着せまくろうと思ってます)